ホーム  >  スタッフブログ

「スタッフブログ」の記事一覧(24件)

スタッフブログ「改竄」
カテゴリ:スタッフブログ  / 投稿日付:2021/12/04 20:13

「改竄」

昨日突然悲しいメールが来ました。

アカウントが乗っ取られた、もしくは、踏み台にされている可能性がございます。
緊急処置としまして、サーバーアカウントを凍結させていただきました。

えー――――っという感じです。

このサーバーは会社の中枢のアドレスを入れ込んでいるサーバーで、

使えなくなると、業務が止まる。

急いで、抜き出して他のサーバーに移行する作業を業者さんにしてもらいました。

自分一人ではできることも限られていて、週末にもかかわらず作業をしてくれて本当に有り難かったです。

丸一日かけ、社内の全てのメーラーの設定を変更し、

チェックも済ませました。

よって、本来しなければならなかった業務上の作業はゼロ・・・

あ、売主さんの戸建て、残置物の整理しているところに差し入れ行ったっけ。
明日、頑張ろうっと。

スタッフブログ「市況はまだ良好」
カテゴリ:スタッフブログ  / 投稿日付:2021/11/29 18:42

 さて、今年ももう12月です。令和3年もコロナと共に終わるのかと思いきや、

なんだか新しい変異株「オミクロン株」が見つかったとか・・・。
 日本も、感染者数や重症者数が激減してやっと少しずつ経済も回り始めたところへ、

「デルタ株より感染力が強い」と言われるオミクロン株、恐ろしいですね、嫌ですね。


 今年の年末・年始も海外旅行へ行かれる人もきっと少ないのでしょう。

いつになったら明るい未来を見通せるようになるのだろうかと思います。

世知辛い世の中になってしまいましたが、
皆様もくれぐれもご注意なさって下さいね。

 11月もたくさんのお客様にお取引き頂きました。有難うございます。
ついては、売却在庫が心細い状況になってまいりました。

なんとか美味しいお節料理を今年も頂きたいので、是非宜しくお願い致します(笑)

 お節と言えば、今年は孫の誕生、末娘の結婚と、めでたいことが重なったので奮発して予約をしました。

年末の30日に届くので今年中に半分無くなってしまうのでしょうけど・・・。

令和3年の不動産売買の市況は、良好のまま終えようとしています。

未来のことは私も分かりませんが、需要の高まりはまだ当分持続しそうです。
コロナ禍やウッドショックの影響もあり供給が追い付いていないのが原因ですが、
公示地価はと言えば、6年ぶりに下落に転じたのが不思議なくらい。

「いつか売ろう」と思っていた不動産を売却するにはそろそろ最後のチャンスかも。
バカ高い値付けさえしなければ間違いありませんよ♪

スタッフブログ「電話自動応答サービス」
カテゴリ:スタッフブログ  / 投稿日付:2021/11/27 17:24


「電話自動応答サービス」

弊社も、毎日毎日あまりにも営業電話が多いので「電話自動応答サービス」を導入しました。

電話自動応答とは、よく役所などで導入している「○〇の方は1を、△△の方は2を・・・」みたいな対応のものです。

少数精鋭の弊社では、不動産関連以外の営業が(不動産関連も多いのですが)毎日とてつもない数コールされていました。

スタッフは、そのたびに自分のしている仕事を止めて「申し訳ございません、〇〇は外出中で・・・」とか、

「そういった営業はお断りさせて頂いて・・・」等の対応をしていました。

ひどい日には営業だけで20本以上対応することも珍しくありません。
そんな電話対応している間に、お客様が来店されたり、大事な電話を貰ったりと
毎日イライラしていました。

一時、電話秘書サービスを導入することを真剣に考えたのですが、
お客様によっては、折り返しより直接すぐに話をしたい場合だってあるよな~ってことで悩んでいましたが、

この自動応答サービスで解決です!!

お試し期間が1ヶ月あって、そろそろ終了なのですが
このまま継続利用しようと思っています。

場合によっては、お客様にはお手数になっているかとは思いますが
弊社サービスの向上のため、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

スタッフブログ「中古マンション 管理費清算」
カテゴリ:スタッフブログ  / 投稿日付:2021/11/09 10:59

見て下さい、この素晴らしい眺望♪

こちらは、9月下旬に決済した船橋市二宮の中古マンションですが

こちらの元売主様より、「11月になって、管理費等が口座から引き落とされているの」

と連絡を頂きました。

慌てて、買主さん経由で管理会社(〇谷工コミュニティ)に連絡を取ってもらうと

管理会社の「手違いで、旧所有者から引き落としてしまった」だそうです。

「マンションのことなら〇谷工」の管理会社ですよ。


旧売主様へ伝えると
「人がすることだから仕方ないよ」と・・・
なんて優しい方!

これ、記帳したから分かったものの
そうでなかったらどうしただろう・・・

通常、中古マンション売買の場合、

決済時に、当月と翌月の管理費や修繕積立金迄を清算することが多いです。
なぜなら、管理会社の銀行振り替えや引落しの手続きがタイトで間に合わない場合が多いからです。

今回も、もちろん翌月分迄清算して引渡しましたし、区分所有者変更届もその日に提出済みです。

でも、こういう事たまにあるので注意して下さいね。

スタッフブログ「売買契約後からが本当のお付き合い」
カテゴリ:スタッフブログ  / 投稿日付:2021/11/08 19:41

売買契約後、購入マンションの採寸にお付き合いしました。
2時間程かかったけど全く苦にならない。

素敵な買主さんと、再び売却依頼をして下さった売主さん、大好き。

一方で、連絡方法が電話のみで、いつ電話かけても出る気配がしないのと、

電話しても、メールしても音沙汰ない築古マンションの一括査定のお客さん・・・嫌い(笑)

あと、情報収集の為だけに電話してきて、

私の大事な時間を無駄に奪う業者さんも大嫌い。

スタッフブログ「人間ドック行って来ました」
カテゴリ:スタッフブログ  / 投稿日付:2021/10/09 13:00



先週の定休日に、本当に久々に人間ドックに行って来ました。

夫婦でちょうど10年振りでしたか。


今回のドックは、
脳ドック+全身MRIによる検査。


身体の頭から全身を磁場と電波を利用して画像化しますので、縦、横、斜めと様々な断面の撮像ができます。
これによって身体の異常を知る事が出来ます。
夫婦ともども、何もなくて良かったですが、定期的な検診は必要だ~と思った次第です。

船橋からは少し遠いですが、ペア割等もあって良かったですよ。

予約制ですが、クリニック記載しておきます♪


あいざわクリニック

〒287-0003 千葉県香取市佐原イ2403-1
tel : 0478-55-8001

 

https://goo.gl/maps/ZNoen8yZTDtoKkN58

スタッフブログ「東京オリンピック」
カテゴリ:スタッフブログ  / 投稿日付:2021/07/30 14:37


「東京オリンピック」


なんだかんだ言われて開催した「東京オリンピック」も今日で8日目になりました。

始まったら、みんなテレビで観戦でコロナも収束しちゃうんじゃ?

と思っていたら、とんでもない。

東京の感染者が3000人を超えてしまいました。
千葉県でも500人超え、船橋市も過去最多の111人超えで

とうとう8月から、また「緊急事態宣言」に入ります。


でも、どうなんでしょう。
日本の人口の半分くらいのイギリスが、毎日5万人くらい感染者だしているんですよ。
にもかかわらず、

「英国政府は7月19日、マスク着用とソーシャルデイスタンスの維持などコロナ対策の主要な規制を全面解除した。」

とのことです。


ワクチンへの信頼感という事なんでしょうか。
私も、実は明日1回目のワクチン接種に行って来ます。(副反応怖いけど・・・)


年老いた母からは「いつになったらワクチン打つんだい!」
と言われる始末。


せっかくオリンピックで、日本勢が金メダルラッシュでめでたいところに
毎日毎日「感染者が・・・」「過去最高で・・・」「モデルナアームが・・・」の報道ばかり。


人は、やはり人と繋がってなくては生きていけないですよね。
誰かの涙に感動し、家に引きこもっていれば人恋しくなり、

生身の付き合いは、ネットの世界やゲームの世界だけでは満たされません。

早く、以前の生活に近い状態に戻って欲しいですね。

スタッフブログ「ウッドショック」
カテゴリ:スタッフブログ  / 投稿日付:2021/07/05 13:53

先日、私共が加入する宅建協会の執行部会議での話題に「ウッドショック」がありました。

当支部の支部長は分譲を業にされていて、ウッドショックの認識としては在来工法の場合

木材の調達は三か月待ち。

住宅価格も10%上昇はあり得るとのこと。

木材価格の上昇が30%程で、10%が効率化等での対処、10%は価格に転嫁、10%は飲み込むしかないとのことでした。

そもそもウッドショックが起こった背景は何だったのでしょう・・・



今回のウッドショック(報道などでは第三次ウッドショックなどとも言われています)は、

木材価格の高騰と物流の混乱に端を発しています。

2020年の春頃に米国・カナダの木材が減産されたことに加えて、

同年夏頃からはコロナ禍で米国や中国を中心に住宅の需要が高まったことで、

木材の先物価格が急騰しました。

そこに、コロナ禍によって物流が活性化したことで世界的に輸送用のコンテナが不足したこと、

21年3月に起きたスエズ運河での座礁事故なども重なり、日本向けの木材の供給が滞ることとなったのです。

私のお客さんにも、土地を引渡してこれからまさに注文住宅を建築する方がいらっしゃいます。

あるハウスメーカーの知り合いの営業マンに5月頃に聞いたら、

「ここだけの話、ある一定のハウスメーカーの場合は影響は3ヶ月くらい。」

「その他のメーカーや工務店では、今年いっぱい影響が大きいでしょう」

とのことでした。

このウッドショック、不動産の流通にも影響しそうですよ。

注文住宅や建売の新築住宅が建築しにくいという事は、

当然中古住宅にお客様がある一定数流れてくるということ。

しかし、市場は供給不足(玉不足)・・・

中古戸建ての価格がまた上昇しそうです。

暫く売主さん優位の市場が続きそうです。

スタッフブログ「2021年に思う2022年問題」
カテゴリ:スタッフブログ  / 投稿日付:2021/05/29 06:00



大量農地の解禁迫る

1992年に改正された生産緑地法に伴う行為制限期間である30年が終わりを迎える。

生産緑地として税法の優遇を受けていた大量の農地は宅地へと変換される。

その時、地下は暴落するのか?

なんとこの船橋市でも481地区、172haの生産緑地があります。

これ、なんと東京ドーム36個分・・・

以前から、2020年問題と言われていて、農地から宅地への大量供給が危惧されていました。

「地価が大暴落するよ!」って。


さて、実際はどうでしょう。

対応策の一つとして「特定生産緑地制度が」あります。

これは、固定資産税の農地並みと相続税の納税猶予をもう10年延長できますよ、というやつ。

農業の担い手の高齢化と後継者不足によって、ある程度は解除する農地もあるでしょうが、

半数以上は、特定生産緑地の指定を受けるでしょう。

それにしても、市内の市街化区域にに多くの宅地が供給されることに代わりはありません。

果たして、宅地の地価は下落してしまうのでしょうか。

「特定生産緑地指定要望書兼同意書」の提出期限は、令和3年8月31日が最終期限です。

指定から30年が経過する令和4年11月24日以降、特定生産緑地の指定を受けていない生産緑地に対し、

さかのぼって特定生産緑地に指定することはできませんのでご注意ください。

船橋市ホームページより

スタッフブログ「平屋人気に広がり」
カテゴリ:スタッフブログ  / 投稿日付:2021/05/25 15:32

今、平屋建ての戸建てが人気なんだそうです。

画像の様な、カリフォルニアスタイルの戸建て憧れてしまいますね♪

平屋は、これまで平屋長屋のイメージや
田舎や郊外の広い土地に建てられているイメージがありましたが

最近は、住宅メーカーもお洒落なデザインや、ガレージがある平屋を建築して

若いファミリー層にも人気が出てきているようです。

平屋住宅というと、どうしてもシニア世代を想像してしまいますが

週刊住宅によると、ミレニアル世代(こんな言い方するんですね)にも人気なんだそうです。

ミレニアル世代とは1981年~1996年生まれの世代

を言うのだそうです。。。

確かにファミリー層にとっては、階段も段差もないワンフロアは魅力です。

特に私は長男が階段から落ちて大怪我をした経験があるので

小さい子の上り下りはホントにハラハラします。

また、ワンフロアのマンションと違うのは、近隣住戸への騒音や振動の配慮がいらない事。

これも大きいですね。

ただし、プライバシーの確保や都心部での土地の確保を考えると

千葉の郊外とかでないとなかなか難しいですかね?

でも、憧れます♪平屋・・・

 1 2 3 > 

ページの上部へ