無料メールセミナー

「いい家を安く買いたい」人は登録下さい。7回に渡ってメールで学べます。
お名前
Email

>>メールでのお問合せ アルバイト募集情報

競売物件情報

競売コンサルメニュー

おすすめ売買情報

お知らせ

会社情報

お問合せは

アルフォート株式会社
千葉県船橋市前原東4-18-5 豊栄ビル1階
TEL 047-473-7560
営業時間 10時〜18時
定休日 毎週水曜日・第1・第3木曜日

グループリンク



TOP > 競売代行・コンサル > 競売手続きの流れ

競売手続きの流れ

競売代行・コンサル 
物件公示(入札開始の4週間前)
売却される不動産の物件明細書・現況調査報告書・評価書等のファイル(3点セット)が、入札期間の終了日まで裁判所の閲覧室に設置されます。
また、新聞・インターネット等でも閲覧できます。
arrow1.gif
入札期間(1週間)
買い受けたい物件を入札する期間です。
入札者は売却基準価額の20%を保証金として提供しなければなりません。
また一度提出した入札書は、訂正取り消すことはできません。
arrow1.gif
開札期日(入札終了日の1週間後)
あらかじめ公告されていた開札期日に、裁判所の開札場で執行官により行われます。
入札者のうち最も高い価格を付けた人が[最高価買受申出人(落札人)]と定められます。
開札場には入札者以外の人でも入場できます。
最高価買受申出人(落札人)が提供した保証金はそのまま裁判所が預かりますが、その他の入札者には返還されます。
arrow1.gif
売買許可or不許可決定(約1週間後)
最高価買受申出人が決まると、裁判所により「売却決定期日」にて最高価買受申出人(落札人)に不動産を売却するか否かの決定がでます。

最高価買受申出人が不動産を買い受ける資格を有しない場合等、売却が許可されないこともありますが、一般的には売却が許可され、最高価買受申出人は買受人となります。
arrow1.gif
確定-代金納付期限通知書の送付(約1週間後)
売却許可決定に対し利害関係人等から抗告等が無い場合、売却が確定します。
裁判所は代金の納付期限を定め、買受人に通知をします。
納付期限は確定日から1ヶ月以内の適当な日に定められ、その日までに代金を全額納付しなければなりません。
買受人が代金を納付しないと、不動産を買い受ける資格を失うだけでなく、提供していた保証の返還も受けられません。
arrow1.gif
代金納付(所有権取得) (期限約1ヶ月)
銀行の住宅ローン等を利用する場合など、所有権移転と同時に抵当権が設定できるよう配慮されています。
抵当権等の同時設定がある場合は代金納付の約1週間前までに裁判所にその旨を申し出なければなりません。
arrow1.gif
所有権移転登記(代金納付時)
代金が納付されると、裁判所は登記所に対し、買受人に所有権の移転登記をするよう嘱託します。
司法書士又は弁護士がこの嘱託書と抵当権設定登記申請書を登記所に提出することにより、
金融機関等の抵当権設定登記も同時に行われることになります。
arrow1.gif
不動産の引渡し
買受人は、不動産を占有している者に対して引渡しを求めることができます(引渡命令)。
但し、代金納付日から6ヶ月以内(6ヶ月間の明渡猶予が認められた物件は9ヶ月以内)に申立てしなければならず注意が必要です。
また賃借権等がある場合等「引渡命令」が取れない場合もあります。
■いい家を安く買う「競売コンサルティング」メニュー