無料メールセミナー

「いい家を安く買いたい」人は登録下さい。7回に渡ってメールで学べます。
お名前
Email

>>メールでのお問合せ アルバイト募集情報

競売物件情報

競売コンサルメニュー

おすすめ売買情報

お知らせ

会社情報

お問合せは

アルフォート株式会社
千葉県船橋市前原東4-18-5 豊栄ビル1階
TEL 047-473-7560
営業時間 10時〜18時
定休日 毎週水曜日・第1・第3木曜日

グループリンク


日本最大級のレストラン検索サイト「ぐるなび」に掲載して集客UP!

チームマイナス6


TOP > 競売代行・コンサル > 競売のメリットとデメリット

競売のメリットとデメリット

競売代行・コンサル 
merit.gif
1.gif 競売物件は市場価格よりも30-40%以上安く、また景気の好不況に左右されず、最も安価に不動産を購入できる方法です。
2.gif 裁判所から直接物件を購入する形のため、権利関係が保証されますので、安心して落札し所有権を取得することが出来ます。
3.gif 物件購入に際し消費税がかかりません
4.gif 入札価額を自分で決定することが可能です。
5.gif 裁判所の職権において抵当権等を抹消してもらえます。

demerit.gif
1d.gif 物件の下見が不可能。競売物件とはいえ無断で内部に立ち入ることはできず、外からの目視のみとなります。
2d.gif 期間入札に参加する場合、売却基準価額の20%を保証金として提供しなければならない制度があります。
3d.gif 競売に参加しても必ず落札出来るとは限りません。また、競売の取り下げや取り消し等により、入札中止となることもあります。
4d.gif 現状渡しが原則となるため、外観に反し建物内部が予想以上に老朽化や損傷している場合等、落札後に発見された構造上の瑕疵等の修復費用は落札者が負担しなければなりません。
また落札後も元の所有者が立ち退きに応じないケースもあります。
その際は裁判所に引き渡し命令の申し立てを行い、執行官による強制立ち退きも可能ですが費用はかかりますし、引き渡し命令が取れない場合は入居者の立ち退きが困難となります。
5d.gif 住宅ローンが適用できる取り扱い窓口が少ない。銀行との融資交渉が必要です。

■いい家を安く買う「競売コンサルティング」メニュー